スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃亡4日目 

9月6日(水)AM8時30分、温泉旅館を出発。

愛媛県松山市を観光する事無く、ほりえ港に向かった。





ちょうど通勤ラッシュ。





渋滞していて思うように前へ進まない。

しかも路線電車が通って、道路が曖昧になっているためか、
歩行者、自転車、原付バイクが、標識無視で突っ込んでくる。






ここに交通ルールは存在しない?






予定の時刻に乗船出来なかったので、海岸沿いを一周。
週間天気予報では晴れだったのに、空模様が悪くなってきた。

※後になって分かった事だが、
この日の午後、四国は記録的な豪雨になる。

愛媛3






フェリーに乗り込み、到着まで一眠り。

































今回の逃亡日記はこれで終了。


次は、残りの日本三景に行くぞ!!!!

...どこだっけ?

スポンサーサイト

逃亡3日目[愛媛編] 

9月5日(火)AM10時起床。



広島から愛媛までは近いので、
宮島で昼食を取った後、少し観光してから、
愛媛に向かう事にする。



今日も、観光客が多い。

日本三景の一つ、京都の天橋立に比べると、2倍以上?



外国人の観光客をターゲットにしているからか、
仏像や能面、刀や虎の木彫りなども売っている。





巨大杓文字!!!!

広島4





ベンチでたむろするギャル軍団観察。


「シカにエサを与えないで下さい」とうい看板の近くで、
シカのエサを売る屋台発見。






そして、
じっと海を眺めているシカ。







ある程度、観光したので、愛媛に向かう。

車に乗り込みエンジンを駆ける。





次の目的地を設定すると、到着予定時刻はPM6時。
夕食前のちょうど良い時間だ。






...はずだった。






ナビの指示に従い、車を走らせた。

俺の逃亡は、いち早く旅館に到着する事が目的ではない。

道中の風景や人との出会いを楽しみながら、
進んで行くのが基本だ。

従って有料道路を使用せず、
一般道路を優先してナビを設定している。




ナビ音声
[広島県呉市阿賀港]

[フェリー乗り場付近に到着しました]

...フェリー乗り場?




...橋を渡らないのか?!





[ポーン♪ 音声案内を一時中断します]







ええええええええ?!






迂回して橋を通るルートを探したいが、
時間的な問題で間に合わない。

取合えず、後数分で出航するPM5時30分の便に、
乗せて貰う事が出来た。




往復運賃13000円...orz




一階の車両置き場に車を止め、二階の客室に向かう。

後ろの座敷では、団体客が宴会をいている。

俺はテレビの設置してある前の席へ腰を掛けた。

車の運転を離れ、少し緊張がほぐれてきたので、
仮眠しようと椅子の背もたれを倒した。


出発と同時に艦内放送がながれる。

最後のコメントに眠気がさめた。





「...所要時間、約1時間50分の旅をお楽しみ下さい」






?!!!!






ナビによると、目的地までが、PM6時到着のはず。
呉のフェリー乗り場に到着したのが、PM5時30分。

なので、フェリーの運行時間は長くても30分では?!!





...ひょっとして、海には道がないから、





走行時間に入っていない?!!!






到着時間はPM8時頃...orz





遅くなる事を宿に電話する。

「今日宿泊予約を入れているDといいますけど、
予定より少し到着が遅れます」

「大変申し分けないのですが、
PM8時が夕食のオーダーストップなので、
それまでにお越し下さい」

「分かりました。必ず伺いますので、
もし間に合わない場合は、料理を用意しておいて下さい」





逃亡には、温泉と地元の料理が不可欠。






必ず、食ってやる!!!






愛媛県松山市ほりえ港が見えてきた。
もう外は真っ暗。

愛媛1






フェリー乗り場から車で降り、旅館を目指す。






ナビの音声

[ポーン♪ 音声案内を再開します]






...良い根性してるね。






ちょうどPM8時、道後温泉ぼっちゃんの里に到着。





急いでチェックイン。

愛媛2





普段は、温泉に入ってから夕食をお願いするのだが、
今回は、速攻で食堂に向かった。

用意してある席に座り、
ぼっちゃんに関係した地酒を注文。

PM8時がオーダーストップ、終了がPM9時なので、
急いで夕食を、腹にかき込んだ。






料理についていろいろウエイターさんが説明してくれたが、










全く憶えていない。










♪明日はどお~っちだ~♪

逃亡2日目[広島編] 

9月4日(月)、岡山から広島に向けて出発。

AM9時、車に乗り込みナビを目的地に設定する。



到着予定時刻はPM4時

楽勝で旅館に到着出来る時間だ。




今日の曲は、風味堂!!

クラクション・ラヴ-ONIISAN MOTTO GANBATTE-

♪アクセルは全開で
手強いあの娘とGO GO GO!
きっとオトしてみせる
"火傷には御用心"なんて
言っちゃいられない魅惑のクチビル♪









広島県に入り、驚いた。





交通ルールが、すばらしい!!





テレビの情報で知る限り、
広島は●が多く運転しにくいイメージが強かった。

しかし実際に通ってみると、全く違う。

サンキュウハザードはしてくれるし、
急な割り込みなども、ほとんど無かった。

例えば、道路に引かれた白い斜線。
バスの停止位置だったり緊急車両の出入り口だったりする場所。
広島でこの上に停車する普通車両はほとんどいなかった。

俺の地元では、信号が赤になっても、白い斜線の手前で停止する事は無く、
どんどん前に出て並んでしまう。





余談になるが、今までいろんな県を走ってきて、
一番マナーが悪いのは大阪ナンバー。

急な割り込み当たり前。
ノーサンキュー当たり前。
悪そうなセダンには道を譲り、軽自動車は煽りたおす。

運搬車両からして、ノーズアンドテールで迫ってく。

そんな光景をよく見かける。


多分交通量が多いからだろうが、

他県に行った時は、もう少し落ち着いて運転してほしい...orz






去年は日本三景の一つ、

京都の天橋立に行ってきた。

今回も日本三景の一つに向かっている。






広島の宮島、秋の宮島!!!






宮島のフェリー乗り場に到着。

広島1




出航まで時間が無かった為、
チケットを買わず車で搭乗口へ。

係の方に代金を渡し搭乗。

到着。





失敗した...orz





フェリーに車で乗り、宮島に来たのだが...

至る所に観光客の団体や旅人、
外国人の方がむちゃくちゃ多く、
車で移動出来ない!!

しかも、シカが縦横無尽に動き回っている。

仕方がなく、歩いて宿まで向かう。





運賃1210円、無駄でした...orz





泊まった旅館の夕食は料金以上!!

広島3




個々にお品書も用意してあり、
次にどの料理が出てくるのか解る。






日本三景の2カ所目ゲット!!


広島2





明日は愛媛!!!

逃亡1日目[岡山編] 

9月3日(日)、逃亡開始。

晴天

まだ夏の余韻が残っている。

レンタカーの中で黄色いキャップを斜めにかぶり、
レイバンのサングラスを深く掛け、最初の目的地へ向かった。

その場所は、川岸に露天風呂がある。
効能は長寿、美人、子宝。





しかも無料で混浴!!





混浴って...どうしよう。

逃亡初日なので、テンションを上げる為、
意気の良い曲を聞きながら向かった。

ルパン・ザ・ファイヤー

♪Let me show your my everything
夢のこのファンタジー見てな
いまこそ走る時なんだ(It's show time)
そこで見ててよワンマンショー これぐらいの試練じゃ足んないよ
僕が欲しいのは物じゃない I steel heart♪

※ルパン三世とあまり関係ない気が...







到着!!




岡山県湯原温泉郷

岡山1



温泉旅館にチェックイン。

早速で受付のお兄さんに、露天風呂の情報を効く。





[仕入れた内容]

1、名称 「砂湯」
2、場所 湯原ダム付近
3、年齢 大半が年配の方々(おっさんかおじいさんかおばさん)
4、時間 PM10時以降がベスト(昼間は丸見えなので)
5、衣服 更衣室は無い(大雨で流された)





岡山2



夕食をいただき、宿の温泉に入った後、
備え付けの下駄を履き、露天風呂「砂湯」へ向かった。

目的地に近づくにつれ、俺と同じように宿泊旅館の浴衣を着て、
カランコロンと、下駄を鳴らしなら歩く人が増えてきた。

道が途中で無くなっている。

終点付近の川沿いを見ると、
暗闇の中で白い湯気をまとったおっさんが、仁王立ちをしている。





露天風呂「砂湯」に到着。





ライトアップされた湯原ダムの足下に露天風呂が3つ。

周囲は森と崖だが、すぐ近くに流れている川の向こうは、
豪華な旅館が数軒建ち並んでいた。

確かに、昼間入ると丸見え。

更衣室が有ったであろうコンクリートの土間の上で、浴衣を脱ぐ。





女の...視線を感じる!!






...小さな話し声も聞こえてきた!!






帯をほどきなが、辺りの状況を観察する。

露天風呂には数人のおっさん。

道沿い側は、こちらに向かって歩いて来る数人のおっさん。

俺の近くにいるのは、温泉からあがって汗を拭き、
浴衣を着ているおっさん。


...おかしい。


暗闇で見えにくいが、森の方向をじっくり見てみる。


...お


...おお!!






カップル!!!







森や崖の方向を見ると、暗闇の中に、

あっちにもこっちにも






カップルだらけだ!!!







ひとけが無くなってから、一緒に入ろうってか?!

それとも、デートスポット?!!






俺はすでに素っ裸。






取合えず記念に数分間砂湯に浸かり、
そそくさと着替え露天風呂を後にした。

温泉に入った感想は、

憶えていない...orz







明日は広島!!!

逃亡再開 

9月1日(金)、今回携わっていた建築現場が終了した。

工期的に厳しい工事だった為、数日間の休日出勤をしていた。

上司から急遽、命令が下る。



来週から代休を取れ。




4年前から、代休消化で連休になる時は、逃亡している。

年を重ねるごとに世間は、逃亡しやすい環境になってきた。



4年前:レンタカーに、ナビ付きは少なかった。

その為、地図を頼りに運転をする。
目的地まで迷いながら走行。

時には路肩に車を止め、地元の方に訪ねたりして。




現在:レンタカーにナビは標準装備。

目的地までの走行ルート、道路の工事状況、
到着時間まで分かってしまう。

道を誤っても、迂回ルートを瞬時に表示。




4年前:旅館やホテルの予約は電話対応のみ。

温泉雑誌を片手に、旅館やホテルの宿泊予約を電話で行っていた。
値段交渉や部屋から見える夜景の確認まで、リアルタイムで進行。




現在:電話をする事もなく、インターネットで簡単に
宿泊予約が出来る。


行きたい地域の旅館やホテルを、
携帯やPCで確認後、ネットで予約。

しかも、電話予約より格安で、
他に流用出来るポイントも付く。


昔を知っている俺には、年々便利になりすぎて、
逃亡するドキドキ感が薄れてきている。




この道は合っているのか?

夜までに目的地へ到着出来るのか?!

今から電話して、泊めてくれる旅館はあるのか?!!




こんな心配をする事が無くなった。








だったら、

ナビもネットも使わければ良いじゃないか!!!!








そう感じるかもしれないが、俺には無理。

新しい商品や、便利な機材を使用したいとう欲求に、
耐える事が出来ない。

父親譲りの遺伝子がそうさせるのだろ。

俺が子供の頃、不要な物が多かった。


FAX

家庭に普及する前だった為、送る相手がいなかった。



CDデッキ+クラシック音楽セット

近所のレコード屋にCDが置いてない時代、
我が家にはCDデッキが有った。

もちろん当時子供の俺は、クラシックに興味は無い。



PC?ワープロ?

PCを使うだけでオタクと言われていた当時、
父親は縦長の黒い画面に向かって、書類や表計算を
キーボードから打ち込んでいた。



ブリタニカ百科事典(全巻)

本棚に飾ってある。



複写機(業務用)

大きすぎる。じゃまになってすぐ処分。



当時の父親と今の自分を比較してみると、
同じ方向に走ってる気が...

俺の現在ほしい物は、携帯電話機能付きPDAと、
ノーヘルで運転が出来る改造バイク。
しかも自動車免許でOK。

名前はトライク。

※別紙参照(説明を始めると語ってしまうので...)



そんな感じで、
これから逃亡する全ての場所を検索し、
温泉旅館をネットで予約。



急遽決まった連休なので、

2日後の9月3日(日)から逃亡を開始した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。